xp_sup_img

2014 年 4 月 9 日 (日本時間) Windows XP と Office 2003 のサポートが終了します。

マイクロソフトでは、製品の発売と共に、有償、無償のサポート、仕様変更や新機能のリクエスト、製品発売後に見つかった不具合の修正など、最低 10 年間にわたってさまざまなサポートを提供しています。Windows XPおよび Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6 の 3 製品については、2014 年 4 月 9 日(日本時間)をもって、このサポート期間が終了となり、セキュリティ更新プログラムの提供が無くなります。

サポートが終了すると具体的にどうなるの?

セキュリティ更新プログラムとは、マイクロソフト社が提供する各種ソフトウェアのセキュリティ関連の脆弱性を修正するために提供される修正プログラムです。脆弱性を修正しない状態でインターネットに接続すると、脆弱性をつくウイルスに感染し情報漏洩するなどのリスクがあります。
サポート終了後は、マイクロソフトからの重要な更新プログラム等の提供が受けられなくなります

又、セキュリティソフトやインターネットブラウザなどのアプリケーションのほか、プリンターなどの周辺機器がOSのサポート期間終了にあわせてサポート終了になる可能性があります。

Windows XPを利用しているユーザーはどうすればいいの?

ご利用のPCでインターネットを安心かつ安定してご利用いただくために、 早急に新しいOSへ移行が必要です。当社では、買い替えキャンペーンとしてお買い上げいただいたパソコンをに5年保証をお付けして、尚かつ、今お使いの古いパソコンからのデータ移行作業等も、やらせて頂いております。
詳細は、こちらよりお問い合わせいただければ幸いです。

Copyright(c) 2016 Ever Onward Inc. All Rights Reserved.